バイク用サイドバッグのおすすめ。注意点もまとめてみる

キャンプ

 

バイク用のサイドバッグのおすすめをまとめました。選び方、注意点なども書いてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

サイドバッグって何がいいの?

やっぱり、スタイリッシュ

やっぱり、これは大事ですよね。シートバッグだと、バイクの後部座席に荷物を積み重ねることになるので、どうしても不格好になりやすいです。

その点、サイドバッグはスタイリッシュにおさまってくれます。バイクのデザインをできるだけ崩したくない方、出先で自分のバイクを見ながらニヤニヤしたい方などには、サイドバッグはぜひおすすめです。

重心が高くならない

荷物を積んでも、重心が高くならないというのは、サイドバッグの魅力の一つです。むしろ、バイクの両側にバッグを吊す形になるので、両サイドでバランスがとれて、むしろ安定するように感じる人も多いかもしれません。(感覚としては、2本出しのマフラーに近いかも?)

どういうことかというと、重心が高くならないから安全に走れる・走りやすいというメリットがサイドバッグにはあるんですね。また、取り回しや停車状態で足をついている時も、シートバッグや荷物BOXに比べて、勝手に安定してくれるので楽だったりします。

逆に言うと、両サイドに重さが分散する分、倒し込みは若干重くなります。ものすごい攻めた走りをした方には向かないといえるかもしれません。のんびり走りたい人から軽くスポーツ走行をするくらいの方には、サイドバッグはぜひおすすめです。

サイドバッグ選びは慎重に

耐久性の問題は、安全性の問題につながってしまう

サイドバッグは性質上、どうしても「取り付けや安全性」などの点で、トラブルが多いんですよね。シートバッグの倍くらい気を使うかもしれません。

たとえば、
・バッグがマフラーに当たって溶けてしまったり、
・タイヤに当たってすり切れてしまったり、
・バッグ自体が破れてしまったり
などのトラブルがあります。

特に、こういったトラブルは走行中に気づかないことがほとんどなので、余計に注意が必要です。単純に壊れただけならまだいい方で、走っている途中で破れた箇所から内の物が落ちてしまったりすると、深刻な事故を引き起こす可能性もあるんですよね。

何よりも安全性という点で、サイドバッグ選びはちゃんとしたものを選びたいところです。

形の問題

サイドバッグは、綺麗な直方体になっていないことも多いです。それによって、中の容量を測るのが難しいんですね。

特に、キャンプツーリング用にサイドバッグを探している方の場合、サイドバッグを買って、テントを買ったら……テントが入らない、みたいなこともよくあります。

解決策としては、やっぱり十分な内部容量があるサイドバッグを買うことです。

おすすめのサイドバッグ

「多くのバイクに適合する」「通販で簡単に買える」「それなりに荷物が入る」という3つの条件を元に選びました。

できるだけ、通販で簡単に買えるものをまとめました。

TANAX マルチフィットサイドバッグ

「迷ったら、コレ!」定番中の定番製品こそ、TANAXのマルチフィットサイドバッグです。

適合車種が多い

バッグの形状はもちろん、取り付けにベルトかフラップかを選べたりなど、多くの車種に使えます。サイドバッグを探す上で、一番面倒なことがバッグとバイクの相性が合うかどうかを調べることなので、時間を節約することができるんですね。
Amazonのレビュー数が100を越える製品なので、自分のバイクに適合するかどうかは、レビューや質問で調べることができる、というのを覚えておくといいかもしれません。

耐久性も信頼できる

耐久性についても、信頼性は高いです。全体的な品質が良いというのはもちろんですが、コンプレッションベルトによって、サイドバッグでファスナー部分への負荷が大きく軽減されていたり、細かい部分にも配慮してくれています。(ファスナー部分は、サイドバッグで壊れやすい箇所の一つだったりします)
やっぱり、長く使える製品っていいですよね。

容量可変

また、容量可変がある点も、このバッグの魅力の一つです。中に入れる荷物が少ないときはファスナーを閉じてスタイリッシュに、多くの荷物を入れたいときはファスナーを開けて、容量を増やすことができます。一つのサイドバッグで多くのシチュエーションに対応することができるんですね。

開き方が横開き

さらには、バイクに取り付けた状態で、簡単に中のものを出し入れすることができます
・雨が振ってきたときの合羽(かっぱ)とか、
・ちょっとその辺で休みたい時の椅子とか、
サイドバッグの中のものを出し入れしたいことは、意外と多くあります。……あるのですが、「横開きタイプ」「剛性がしっかりしている」「値段が安い」ものは、この商品以外ではほとんどありません。

最大重量は、片側7kg、両方で14kg

サイドバッグで大切なのは、実は容量(中の大きさ)ではなく、最大積載重量だったりします。実際、下で紹介する同じTANAXのシェルケース2がそうなんですが、容量は大きくとも積載量が小さいサイドバッグというのは珍しくないんです。

キャンプツーリングを基準にすると、テント、シート、椅子、テーブル、マット、シュラフ(寝袋)の重さを足しても、まだ4〜5kgです(ライターの手持ちの品の場合)。片側7kgという数字は、とても心強い数字です。よほど重いものを入れるとき以外、重量は気にしなくていいので、荷造りが楽なのはもちろん、色々なアウトドアツールを買って楽しむことができます

総合して、この「TANAX モトフィズ マルチフィットサイドバッグ」は、最高のサイドバッグといえるでしょう。

TANAX シェルケース2

上のサイドバッグよりも、もう少しデザイン性・高級感を求めたい方におすすめです。

同じTANAXなので、「信頼性がある」「使い勝手がいい」「適合車種がとにかく豊富」といった基本的な要素はそろっています。おまけに、シェルケースタイプといっても、本当に全面がハード素材で覆われたものではないので、お手頃な価格で買うことができるのも魅力の一つです。

シェルケースタイプのいいところ
・とにかく耐久性に優れるので、一度買ってしまえば布製以上に長く使える
・格好いい、高級感がある

シェルケースタイプの悪いところ
・ケース自体に重量がある
・布タイプのケースより、価格が高い
・適合車種が少ない傾向、というより、車両ごとのメーカー純正品が基本になる

普通に格好いい!

写真はヤマハのR25の初期型。スポーツタイプのバイクなので、シート幅は狭いが、きちんと対応している

値段としては、上で紹介したサイドバッグよりも、7,8千円高くなります。とはいえ、やっぱりシェルケースは格好いいですよね。安っぽさもありません。相場は大体2.3万円くらいの商品ですが、シェルケースとしてはかなり安い方です。この値段でこのデザインが手に入るなら、確かに買ってもいいと思わせられてしまいます。

シェルケースタイプなのに、適合車種は豊富

この「TANAXシェルケース2」は、シェルケースなのに、多くの車種で使えるという点が何よりの強みだったりします。上で紹介したマルチフィットサイドバッグと同じように、「買ってみたら使えなかった」ということがほとんどないんですね。ネイキッドはもちろん、SS系にも対応しています。

車体に触れる内側の部分がソフト素材でできているおかげで、柔軟性がある→カウル形状を選ばないということだったりします。

また、シェルタイプなので、形状安定性が高く、取り付けの時のベルトのテンションのかけかたなどで、マフラーやタイヤとの干渉を避けることが簡単にできます。布製だと、走っている打ちに少しずつずれてきて、気づいたらマフラーに当たって溶けているみたいなことがよくあるんですよね。

難点は、最大積載重量

このシェルケース2は最大積載重量が片側で2.5kg、両方合わせて5kgです。このサイドバッグの唯一の弱点は、「容量は40Lと大きいのに対して、最大積載量は少ない」ことだったりします。上で紹介したサイドバッグの半分以下なんです。

具体的に、この片側2.5kgというのがどれくらいなのかというと……。

たとえば、キャンプツーリングを前提に考えると、一般的なツーリング用テントが大体2kgです。ライターが使っているテントは非常に軽いものなので1.7kg、「前室あり」や「自動組み立て式」など機能にこだわったテントだと、同じくらいの大きさでも2.5kgを越えるものもあります。
ライターの手持ちの道具だと、テントに加えて、椅子やテーブルを追加したあたりで、2.5kgを越える感じでしょうか。

「え、じゃあキャンプ用としては使えないってこと?」
というと、そうでもないです。両方合わせて5kgというのは、一人分のキャンプ用品くらいなら十分だからです。

とはいえ、このケースを買う場合は、重たいものを左右に振り分ける必要はあることを前提に買った方がいいということですね。といっても、ケースの形状が綺麗な直方体なので、左右に重さを振り分けるだけなら、別に難しくないです。安心してください。

その他

布製バッグ、耐荷重が書いてない製品は?

目安は、どれだけ重くても、片側5kgまでと言われています。それ以上を詰め込むときは、バッグに負荷がかっていないかどうか見ながら詰め込んだ方が安全です。

 

 

 

コメント

  1. […] これについては、こちらの記事へどうぞ。 […]